Wagtail Sentryを使用したエラー追跡

こんにちは。

Django製CMSのWagtailにSentryというクライアントエラー追跡サービスを組み込みます。

Sentryは個人開発の場合は無料枠で十分使えるサービスという事なので、早速使ってみたいと思います。

Sentryアカウント作成

Sentryにアクセスします。

GetStartedでアカウント作成します。

設定

Sentryでプラットフォームの選択で[Django]を選択します。

インストールガイドで、sentry-sdkをインストールするように書かれているので、インストールします。

以下コードsetting.pyに追記するように言われますが、wagtailの場合はproduction.pyです。

では、エラーをわざと起こしてみます。urls.pyに以下を追加してみます。

from django.urls import path

def trigger_error(request):
    division_by_zero = 1 / 0

urlpatterns = [
    path('sentry-debug/', trigger_error),
    # ...
]

ご自身のサイトURL+/sentry-debugにアクセスするとエラーが表示されます。
A server error occurred. Please contact the administrator.

ではsentryの作成したプロジェクトのダッシュボードにアクセスしてみます。

すごい!エラーの内容がきちんと出てますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)