【Python入門】文字列の扱い方(初心者・忘れっぽい人向け)

こんにちは。

Pythonに限らずどんな言語でも文字列の扱い方を覚えるのは苦手です。今日は「あれどうやるんだっけ??」な文字列の扱い方について記事にしようと思います。

連結

文字列を連結するには「+」
>>> print('Hello '+'World')
Hello World

長さ取得

文字列の長さ取得するには「len()」
>>> print(len('Hello World'))
11

切り出し(スライス)

文字列を切り出しするには「[n1:n2]」を使います
最初のインデックスは0からで、インデックスn2は含まれないのが注意です。
以下のように考えます。

>>> a = 'Hello World'
>>> a[:5]
'Hello'
>>> a[6:]
'World'
>>> a[1:5]
'ello'

置換

文字列を置換するには「replace(置換前文字列,置換後文字列)」
>>> a ='Hello World'
>>> a.replace('W','w')
'Hello world'

頭0埋め

頭0埋めするには「zfill()」「format()」
>>> print('1'.zfill(5))
00001

>>> print('{0:05d}'.format(1))
00001
>>>

改行

改行したいところに「\n」
>>>print('Hello\nWorld')
Hello
World

特殊文字の出力

特殊文字(タブや改行など)出力には
・文字列の前にrまたはR
・エスケープ「\」を入れる
>>>print(r'Hello\tWorld')
Hello\tWorld

>>> print('Hello\\tWorld')
Hello\tWorld

文字列→数値変換

文字列を数値にする場合は整数「int()」、浮動小数点「float()」を使用
>>> int('100') + int('50')
150
>>> float('100.1') + float('50.2')
150.3

>>> int('abc')
Traceback (most recent call last):
  File "", line 1, in 
ValueError: invalid literal for int() with base 10: 'abc'

数値→文字列変換

数値を文字列にする場合は「str()」を使用
>>> str(123) + str(456)
'123456'

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)