Windows環境にPython3.8とvirtualenvのインストール

Windows環境ではAnacondaを入れてあるのですが、Anacondaが重たい&固まって落とせなくなる事が頻発します。タスクマネージャーを使って落とせないってなかなかイライラします。

mami
もう無理。。アンインストールしました。

Windows環境にPythonインストールとvirtualenv、virtualenvwrapperを使ってもう一度整えようと思います。

Pythonインストーラのダウンロード

Pythonをダウンロードするのは以下サイトです。
https://www.python.org/downloads/
×のところをクリックしてしまうと32bit版がダウンロードされてしまうので、

もう少し下にある↓からお好きなバージョンのものをクリックします。

64bitなのでこちらを選択するとダウンロードが始まります。

Pythonインストール

好みによりますが、以下のようにインストールしました。
「Add Python 3.8 to PATH」のチェックをONにして、「Customize installation」を選択します。

Optional Futuresはそのままで「Next」を選択します。

「Install for all users」のチェックをONにして、「Install」を選択します。

暫くたつと以下が表示されて完了です。

コマンドプロンプトを管理者で実行してPythonがインストールできたか確認します。

C:\WINDOWS\system32>python --version
Python 3.8.3

次にpipも使うのでアップグレードしておきます。

python -m pip install --upgrade pip

仮想化ソフトvirtualenvのインストール

コマンドプロンプトを開いたまま行きます。Pythonでは開発環境を仮想化できるvirtualenvというソフトと、それを使いやすくしてくれるvirtualenv-wrapperがあります。Anacondaの代わりにこちらを入れて開発環境を管理していきます。virtualenvとvirtualenv-wrapperを以下で入れます。

pip install virtualenvwrapper-win

インストールされているものを確認します。

C:\WINDOWS\system32>pip freeze
appdirs==1.4.4
distlib==0.3.0
filelock==3.0.12
six==1.15.0
virtualenv==20.0.25
virtualenvwrapper-win==1.2.6

コマンドプロンプトを終了します。

仮想環境作成 他

仮想環境の作成します。コマンドプロンプトを起動します。(管理者じゃなくてOK)

mkvirtualenv XXXXX

環境を作成すると、その環境をアクティブにしてくれますが、アクティブにするにはworkonです。

workon XXXXX

全ての仮想環境を表示したい場合は以下です。

lsvirtualenv

ちなみに私は「workon」しか覚えておりません。。
virtualenv-wrapperのコマンドリファレンスは以下です。
https://virtualenvwrapper-docs-ja.readthedocs.io/en/latest/command_ref.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)