Ubuntu18.04LTS(GCP)にWindowsリモートデスクトップ接続

openCVを使うのにローカルPCではスペックが足らなかったので、GCPを利用させてもらう事にしました。

以下が前提です。
・GCP(GoogleCloudPlatform)に登録済み
こちら(https://cloud.google.com/docs/overview/?hl=ja)より登録して下さい。
・GCPにてプロジェクト作成
こちら(https://console.cloud.google.com/)よりプロジェクト作成して下さい。

①GCPにてVMインスタンスを作成

GoogleCloudPlatformのコンソールにて、作成したプロジェクト内で「Computer Engine」を選択します。すると以下のような画面が出てきますので、VMインスタンスの「インスタンス作成」を選択します。

インスタンス作成は用途予算に応じて設定下さい。私は以下のようにしました。
名前 : instance-1
ゾーン : asia-northeast2-a
マシン:n1-standard-4(vCPU x 4、メモリ 15 GB)
OS : Ubuntu (18.04 LTS)
ディスク : 50GB

HTTP トラフィックを許可する ON
HTTPS トラフィックを許可する ON

②VMインスタンスにSSH接続して設定する

[SSH]-[ブラウザウィンドウで開く]をクリックするとSSH接続されたコマンドプロンプトのような画面が表示されるので以下を実行していきます。

Ubuntuパッケージのアップデートおよびアップグレード

sudo apt update
sudo apt -y upgrade

リモートデスクトップ用のユーザ作成

sudo adduser xxxxx(ユーザ名)
sudo gpasswd -a xxxxx(ユーザ名) sudo

xrdpの設定「new_cursors」を無効化し、サービスの再起動、有効化

sudo sed -e 's/^new_cursors=true/new_cursors=false/g' -i /etc/xrdp/xrdp.ini

sudo systemctl restart xrdp
sudo systemctl enable xrdp.service
sudo systemctl enable xrdp-sesman.service

sessionファイルの作成

su xxxxx(ユーザ名)
cd ~ DESKTOP=/usr/share/ubuntu:/usr/local/share:/usr/share:/var/lib/snapd/desktop

cat < ~/.xsessionrc
export GNOME_SHELL_SESSION_MODE=ubuntu
export XDG_CURRENT_DESKTOP=ubuntu:GNOME
export XDG_DATA_DIRS=${DESKTOP}
export XDG_CONFIG_DIRS=/etc/xdg/xdg-ubuntu:/etc/xdg
EOF

Authentication Requiredダイアログの回避設定をしてpolkit再起動

cat < sudo tee /etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/xrdp-color-manager.pkla
[Netowrkmanager]
Identity=unix-user:*
Action=org.freedesktop.color-manager.create-device
ResultAny=no
ResultInactive=no
ResultActive=yes
EOF

sudo systemctl restart polkit

これでリモートデスクトップ接続できるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)